脂肪肝を治すために今できること|健康食品で素早く対策を

薬

DHAで認知改善

老人

DHAで認知改善

DHAと認知症について。認知症やアルツハイマーは、DHAを習慣的に摂取することで予防することができます。DHAはEPAと並び、オメガ3脂肪酸と呼ばれていて、私たちの健康にはかかせない必須脂肪酸の1つなのです。DHAやEPAは青魚や魚介類に多く含まれています。地域によって摂取量に差が出るため、DHAやEPAを習慣的に摂取する地域と、そうでない地域を比較して、認知症やアルツハイマー患者の発生数が長年調査されてきました。その結果、DHAやEPAを習慣的に摂取する地域と、そうでない地域では、約40〜50%も認知症の発症可能性が異なることがわかったのです。DHAやEPAはサプリメントから摂取できます。青魚や魚介類が不足している場合は、サプリメントを利用して、認知症を未然に防ぎましょう。

サプリから摂取する

青魚や魚介類を摂取する習慣がない人は、サプリメントでDHAやEPAを摂取しましょう。その場合は、一日の必要摂取量をしっかりと守りましょう。厚生労働省の発表では、一日に成人の人で一グラムのDHAやEPAを摂取すると良いそうです。そして、3グラム以上摂取することで逆効果となるようです。DHAとEPAは一緒に摂取することで効果を発揮します。それらはお互いに足りない部分を補いあっているので、どちらかが欠けても効果が半減するのです。また脂肪酸は酸化しやすいため、抗酸化成分を配合したサプリメントを選ぶようにしましょう。酸化した脂肪酸は、血液の質を下げるため、生活習慣病の原因となります。食品やサプリメントを上手に利用して、認知症を防ぎましょう。

Copyright© 2015 脂肪肝を治すために今できること|健康食品で素早く対策をAll Rights Reserved.